Lineageのお話(中編)

みなさん、こんにちは

前回はLineageのお話(前編)をお話しました。
軽くおさらいです。

スポンサーリンク



ふと目に入った漫画喫茶に入り、「Lineage無料」が気になる始めてみる。
しかし、システムも内容も全く分からず、すぐに断念する。
2回目のプレイで親切な人に出会い、面白さに惹かれ暇さえあれば漫画喫茶に行きどっぷりハマっていく内容でした。
本当は前編、後編の二部作で終わらせようと思ったのですが意外に長くなりそうだったので、急遽3部作にします!

ここからが中編です。

私の性格は負けず嫌いで、ハマってしまうと周りが見えなくなってしまうタイプです。
この人に負けたくない!この人を越してやる!って思っちゃうと、とことんやっちゃいます。

家にパソコンがなかったので、やっぱりプレイ時間が限られちゃうんですよね。
当時はアルバイトだったので、パソコンなんか買うお金なんてなかったんです。
家で出来ないので他のプレイヤーにどんどん離されていきます。
それが悔しくてある日突然、仕事を辞めてLineageを極めてやる!って思っちゃうんです。
当時を私を振り返ると本当にバカだったなと(笑)
なんでゲームの為に仕事をやめてしまうんだと!

前編でもお話しましたが当時は夜のお仕事をしている女性とお付き合いをしてて、同棲もしていました。
仕事を辞めたわけですから、当然お金がなくなるわけですよね?
携帯代だったり、家賃だったり、光熱費・食費、その他諸々を払わなくちゃいけません。
お金がないから払えません!
すべて当時の彼女が払ってくれていました。
クズ男すぎ!
そんな生活を半年をくらい続けていたらさすがに愛想つかれて彼女に、「出て行ってくれ!!」と言われ、私は実家に戻ることに。
そりゃ当然ですよね(笑)

実家に戻ってからも、仕事探しもせず働きもせず起きたらLineage、ご飯も食べずにLineage三昧。
リアルニートやっちゃってたんですよ(笑)
光るハゲ!デスナイトを目指すために!

そんな生活が半年が過ぎ、1年が過ぎました。
プレイしている間、友達とも会わず連絡すら取っていなかったような気がします。
誰とも会わないもんだから死亡説までで出ちゃったり(笑)
今考えると本当にバカですよねー

1月のとある寒い日、私はスーツに身を包んでいました。
そう!成人式を迎えていました。
相変わらず仕事もしていなかったけれど、せっかくの成人式だったのでこればかりは参加をしました。
親も見かねて「友達と飲みに行ってきな!」と1万円を手渡してくれました。
その時ばかりは本当に申し訳ないなって思いましたね。
それまでも「いい加減仕事をしろ!」と幾度となく言われていましたが、Lineageで忙しい私はガン無視です!

スポンサーリンク



成人式で久しぶりに会う友達とは昔みたく、バカ話で盛り上がったり、くだらない話を深夜までした記憶があります。
みんなは学生だったり、仕事をして頑張っているのに「自分はゲームばかりして何してるんだろ?」って思い、いつまでもこんな生活をしててはダメだ!と思い仕事探しを始めます。
しかし、数日経つとやっぱりLineageが面白くて前の生活に戻ってしまいます。

相変わらず、親には「仕事しろ」「金を入れろ」と言われる日々が続きますが、私は負けません!Lineageが面白くて仕事なんてやってる場合じゃないんだ!とLineageを続けます。

そんな私もようやく、光るハゲ!デスナイトになる時が訪れたのです!

苦節、2年くらいでしょうか。
憧れていたDK、なりたかったDK、俺TUEEEEEするんだDKで!

Lineageの世界ではLvUP式なるものがあります。
オンラインゲームなので、当然他プレイヤーの友達ができるんですよね。
そのお友達を呼んで、Lvアップ式をするんです!
大体はLv50だったり、52だったり55だったりです。
みんなが自分のためにお祝いしてくれます。

そんな私も憧れていたDKになる時が来たので、当然UP式を開催しました!
みんながお祝いしてくれてる中で最後のモンスターを倒し!やっと!52になれました!
最後は花火を上げ(ゲームの中で)記念撮影をし、最後はみんなに殺されるというのが慣例です。
その場所では死んでも経験値は下がりません。

スポンサーリンク



次回、最終回。
Lineageも仕事になる?をお届けします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村


PAGE TOP